UNetbootinでLinuxMintをインストールして使う

先日古いノートPCにLinuxMintをインストールして、とある先輩に譲った。
古い(10年ほど前に使っていた)WindowsXPが入っていたスペックの低いノートPCでも使えるようだった。
もし、このLinuxMintをそこそこのPCにインストールしたらどんなだろう?
Windows7が入っているCoreI5、メモリ8GのノートPCにデュアルブートにしてインストールして使ってみることにする。

UNetbootinで簡単にインストール用のUSBフラッシュメモリを作ることにした。

デスクトップのLubuntuで作ることにした。
ディストリビューションはLinux Mintの64ビットを選択し、タイプをUSB、ドライブを選択するだけである。
ダウンロードに少々時間はかかるものの、非常に簡単であった。

IPv6の不具合も無いようである。

インストールするノートPCのBIOSでブートデバイスをUSBにしてインストールしたが1時間もかからなかった。

起動するのに1分程度
動作は非常に軽快でWindowsのようなストレスは感じない。見た目もあっさりしている。
ソフトウエアは必要なものは揃っているもののRAW現像用にUFRaw、音声編集用にAudacity、サーバーにファイル転送用にFileZilla、HTMLやPHPを書くためにBluefish、ウイルス対策にClamTKをインストールする。
その後ターミナルからsudo apt-get update && sudo apt-get -y upgrade && sudo apt-get -y dist-upgrade && sudo apt-get -y autoremove && sudo apt-get -y autocleanアップグレードに少々時間はかかるものの全部で30分程度であった。

これからWeb管理用に主力となりそうなノートPCが出来上がった。