FileZillaを使う

投稿日:

ここ数年WindowsからLinuxへ少しずつ移行してきている私であるが、Linuxのソフトウエアを使うために少しずつメモしておこうと思う。
今回は「FileZilla」というFTPソフトである。Windows、Mac、LinuxとそれぞれのOSに対応したものがあるのだ。
今まではWindowsでFFFTPを使っていたが、LinuxでFaileZillaも使いこなすのだ。とは言うものの少し手こずったのでやはりメモは大事だなぁ

FileZilla(ファイルジラ)はフリーなFTPのソルーションの開発プロジェクトである。私はLubuntuとLinuxBean、ZorinOS、elementary OSとどれもUbuntuベースのLinuxをつかっているのでUbuntuソフトウエアセンターから入手した。

今ではFFFTPからFileZillaの時代なのかも知れない

インストールして設定だがネットで調べた設定とは少し違っていた。ここでは、私のこのサイトのWebサーバーの設定方法としてのメモを残しておくことにする。

「ファイル」から「サイトマネージャー」をクリック

「新しいサイト(N)」→「名前の変更(R)」・・・ここでは「遠野」と命名した。
ネットで調べたら上画像の赤で囲んだ部分だけの設定で良いようだったが、どうやらそれだけでは駄目なようである。
・プロコトルは「FTPーファイル転送プロコトル
・暗号化は「Only use plain FTP(insecure)」もしくは「平文FTPを使用」にしなければならなかった。本当は暗号化したかったが、このサイトではできなかった。SSLの証明書を受けているサイトで試したいと思った。
・「ログオンの種類」は「通常」を選択しなければユーザー名とパスワードが入力できなかった。
・「詳細」タグから「既定のローカルディレクトリ」も設定しなければならない。
・・・・・ここまで設定してから「接続(c)」をクリック


後はローカルサイトからリモートサイト間でディレクトリを注意してファイルのドラック&ドロップでも右クリックからファイルのアップロードでも